Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hatelabo Developer Blog

はてラボ 開発者ブログ

つづろう、モノの思い出──新サービス「Quyo」をはてラボにリリースしました

Quyo

本日、はてラボに新しいサービス「Quyo」をリリースしました。

http://quyo.hatelabo.jp/

Quyoとは

Quyo(クヨウ)は、捨ててしまったモノの思い出をつづって共有するサービスです。

最初に買った携帯電話は何ですか? 着古して捨ててしまったお気に入りのシャツはありませんか? 手放したモノには、思い出が詰まっています。Quyoで捨てた物コレクションを作って、モノの思い出を振り返りましょう。

Quyoでできること

  • 捨ててしまったモノの思い出(Quyo)を投稿できます
  • 好きなQuyoをお気に入りに追加して、気持ちを伝えられます
  • 他の人が捨てたモノから投稿できます(Requyo)
  • 投稿したモノをAmazonで買い戻せます

Quyoの使い方

1. Quyoを投稿する

  • ヘッダ右上から、はてなIDでログインします。「Post Quyo」ボタンから投稿できます。
  • 「捨ててしまったモノの名前」「モノとの思い出」「モノの画像のURL(オプション)」を入力して、「Submit」ボタンをクリックします。


ヒント: 大切な思い出を忘れていませんか? 書くネタに困ったら、「お題スロット」を回して、思い出を取り戻しましょう。

2. Quyoを読む

  • ヘッダもしくはフッタの「Random」ボタンをクリックすると、いろいろな人のQuyoが次々と表示されます。好きなだけ押して、どんどん読んでいきましょう。
  • 気に入ったQuyoには「Favorite」ボタンをクリックして、気持ちを伝えましょう。(はてなidでのログインが必要です)
    • あなたのQuyoがFavoriteされた場合、はてなの「あなたへのお知らせ」に通知が届きます。

3. 他の人のQuyoから書く(Requyo)

  • 他の人のQuyoの中から「これ、私も持ってた!」というモノを見つけたら、「Requyo」ボタンをクリックしましょう。タイトルと画像があらかじめ入力された状態でQuyoを書き始められます。


4. 思い出を買い戻す

  • 投稿の「買い戻す」ボタンをクリックすると、Amazonの検索結果にジャンプし、思い出を買い戻せます。


どうぞご利用ください

Quyoを使って、モノに込められた大切な思い出を振り返ってみませんか。みなさんの思い出をぜひ投稿して下さい!

http://quyo.hatelabo.jp/